masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

母親の具合が

先週からお昼は暖かくなりましたね。
洗濯もはかどり、やはり暖かいのはいいですね。
もう一回くらいは寒の戻りがくるでしょうね。
先日は突然母親が入所してる施設から電話がありました。
具合が思わしくないので転院したいとのことでした。
二週間前から食事が取れず脱水症状があり、意識レベルが低下してたので、
何かあったら救急車を呼ぶ打合せをしてました。
でも、お医者さんが介護施設ではこれ以上は無理と判断され、
以前入院してた病院への再入院でした。

病院に到着したら即、診察が行われ、3人の看護師さんで二袋の点滴パックが
ぶらさげられ、3本の注射器で薬を混ぜられ、点滴が開始されました。
お医者さんから、CPA状態になった時の対処方法の確認が
ありました。
私は自然の状態で、酸素の吸入以外は処置しないで欲しいと
申し出ました。
もう91歳の母親に、心臓マッサージや気管挿入したりしても
どうしょうもありませんからね。
医学が発達してなかったら、母親はすでに亡くなってたでしょう。
いつかは死というものが誰にも訪れるとわかってるけど、目の前に
直面したら、自分はどうするかなと思って、病院を後にしました。