masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ラジオ文芸館「梅の蕾」

今日は風が強く、台風の影響で熱風が吹いてる感じです。
とても蒸し暑くて、身体がべとべとして気持ち悪いですね。
今、放射能汚染が牛肉に出て広まってますが、以前も書きましたが、
まだまだ予想しない事態が起こらなければ良いけど・・・
ところで、土曜日の朝はラジオ第一で「ラジオ文芸館」を聞いてます。
今回は吉村昭作の「梅の蕾」でした。
岩手県のある過疎の村、医師不在の村営診療所の運営に悩む村長の
お話しです。
その村へ、千葉で癌センターに勤務する医師が家族で移り住んで来たのです。
移り住む前に問題だったのは夫人でしたけれど、幸いにして夫人は野草を
採取するのが趣味でしたので、村人とも親しみ、よく一緒に山へ分け入ってました。
でも、夫人は白血病に冒され亡くなってしまったのです。
千葉で葬儀が行なわれたのですが、なんと岩手から二百人もの村民がバスで
駆けつけたのです。
村長は医師が村に戻って来てくれるか心配だったのですけど、医師は戻ってきたのです。
村長の家には夫人から送られてた梅の蕾が満開になってたのです。
この物語は実話だそうで、聞いてて胸が熱くなりました。
地位を捨てて、僻地医療に取り組んだ医師に感動しました。
今、日本は原発に全て目が行ってますが、僻地医療も深刻化してます。
つめの垢を国会議員に飲ませてやりたいですね。
自民党原発を人ごとにしてますけど、原発を推進したのは自民党ですからね。
しかも電力喪失はたいしたことないとしたのです。