masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

特定秘密保護法案

特定秘密保護法案をめぐり、政府・与党は、6日夜中の参議院本会議での
法案成立を目指す姿勢だが、野党も徹底抗戦を続けている。
午後6時から開かれた衆議院本会議では、政府・与党側が提示した
2日間の国会会期の延長を、与党の賛成多数で決めた。
本会議は午後6時45分現在、休憩になっているが、午後7時半以降に再開され、民主党が提出した安倍内閣不信任決議案の採決を行う予定。
このため、特定秘密保護法案の採決を行う参議院本会議の開催は、
さらに遅れることとなる。
野党が、参議院でさらなる問責決議案提出など、引き伸ばし戦術を取れば、
攻防が深夜に及ぶのは必至の情勢となっている。.
しかし、そんなに急いで法案を採決するのか、国民不在のドタバタ劇ですね。
来年に延ばせば、予算編成などあり成立が來秋になっつてしまうとのこと。
そうなると、アメリカなどから秘密情報がもらえないとか。
それにしても、公聴会を形式的開いたり、みんなの党や維新の会の動きは
野党の統一を乱し、委員会の可決には退席したりで何を考えてるのか。
また、政府が示したチェック機関が、どれだけ役割を果たせるのかが
問われることになります。
政府が示したチェック機関の1つが「保全監視委員会」ですけど、
事務次官級の官僚をメンバーになってますから、チエックが働くかどうか。
海江田代表の「官僚による官僚のためのもの」です。
それと「適性評価」という言葉が飛び交ってましたけど、いまいちよく
わかりません。