masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本市議会の自民党のおごり

先日、 熊本市議会の最大会派、自民党市議団(18人)は
12日、議会内で議論が続く議員報酬と政務活動費の見直しに
ついて、「政令指定都市移行で活動が増えた」などとして報酬のみ
引き上げる方針を決めた。
自民党のおごりがここにも現れました。
いまは議員報酬の引き下げを言われてるのにね。
しかも、熊本市と同規模の人口(70万〜80万人台)の政令市で、
移行などをきっかけに報酬を引き上げた都市はない。
「東京での政策会議など活動が増えた。市民の理解が得られるよう、
政策立案、委員会活動、陳情などに一生懸命取り組む」と述べた。
それでは今まで、活動をあまりやらなかった、ということでは。
それに普通、議員報酬の改定は、市職員の給与改定に合わせ、
市長などの給与とともに市長提案で条例改正案が提案される。
市や議会事務局によると、職員の給与改定に連動せず、議員発議で
報酬を引き上げるケースは平成に入ってから確認されておらず、
実施されれば極めて異例の事態となる。
結局、市民の理解や引き上げの根拠が示せていないことなどを理由に、
一転「現状維持」に方針転換したと言う。