masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

NHK ラジオ文芸館 いっぺんさん

今朝は曇り空で、最低気温が3.9度と寒い朝になりました。
起きてテレビをつけたら野球が流れてました。
高校野球がやっと終わったと思ったら・・・そんなにしてまで
重要なのかな。
土曜日はゆっくりテレビが見れるので、東北の復興を放送して欲しいです。
野球はBSか民放で放送すべきです。
さて今日のラジオ文芸館は朱川さんの短編小説で、ホラーとよく言われて
ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作:朱川 湊人 「いっぺんさん」

子どもの頃、私としーちゃんは、祖母のふるさとの村にある小さな
祠(ほこら)を自転車で訪ねた。たった一度だけ願いを叶えてくれると
いう「いっぺんさん」に、願い事をするためだ。
だが、しーちゃんはまもなく亡くなってしまう。
「もう一度しーちゃんに会いたい」私は一人で「いっぺんさん」の
祠に出かけてお願いをした。
しかし、やがてその願いを放棄せざるをえない出来事が起こる…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

きっとしーちゃんは、自分の病気が治ることなんて、
これっぽっちも望まなかったのだ。
家族が幸せになりますように――きっと、しーちゃんの最終的な願いは、
白バイ警官でも早く大人になることでもなくて、
その一事だったに違いない……
しーちゃんは優しくって、バカだから。   
主人公の少年の祖母が昔住んでいた、今は廃村となっている村には、
いっぺんさんと呼ばれる神様の祠があった。
三十年前、小学生だった「私」が祖母から教えてもらった、
どんな願いでも一度だけなら必ず叶えてくれるという神様
「いっぺんさん」。
当時の「私」の親友、やることなすこと間が抜けたクラスの問題児、
お調子者の「しーちゃん」の切実な願いを「いっぺんさん」に叶えて
もらうために、遠く離れた村まで山を越え、自転車を走らせた
「しーちゃん」と「私」。
運良く「しーちゃん」の願いは神様に届いたようで、夢が叶えられる
と喜んだ矢先に「しーちゃん」が病気で倒れてしまい…帰らぬ人に。
親友のしーちゃんは将来警察官になりたいのだが、お父さんに
刑務所歴があって、それが原因で夢がかなわないのではないかと
気を落としていた。
「いっぺんさん」は亡くなった人は蘇らすことは出来ない、と主人公は
わかっていたけど、その祠の近くにあった石をお守りにしていた。
ある日家族で出かけ、弟がはしゃいでいて柵から転落して頭を打って
大変なことに。
父親は急いで病院に運ぼうとするけど、大渋滞に阻まれて万事休す。
主人公は、しーちゃんより弟を助けてと願ってしまう。
そこへ白バイが現れて、父親が必死で呼び事情を説明する。
白バイの先導で病院に無事到着する。
玄関の前にはストレッチヤーとスタッフが待機してた。
白バイは消えていた。
もしかして、白バイはしーちゃんかも。