masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

入学式に担任は自分の子の入学式に

今朝は曇り空で夕方から雨が降りだしそうです。
今日はニュースを見て、びっくりして呆れました。
むかし、教職は聖職と言われてましたけど、いまはサラリーマンですね。
埼玉県西部の県立高校で50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に
出席するため、担任を務める1年生の入学式(8日)を欠席していたことが
分かったとのこと。
新入生の保護者らは「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」
と困惑している。
県教育局によると、県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子息の入学式
出席を理由に休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席した。
関根郁夫県教育長は11日に開いた県立高校の校長会で「担任がいないことに気付いた
新入生や保護者から心配、不安の声が上がった」と、この事実を報告した上で
「生徒が安心して高校生活をスタートできる体制づくりと心配りに努めてほしい」
と異例の“注意”を促した。
色々な考えがあるでしょうけど、私の高校の入学式に、私の親は仕事で出席でき
ませんでした。中学の入学式も卒業式もそうでした。
私の親は仕事で大変だなと思いました。
各家庭事情があり、なかには、「自分の子供の世話が出来ない親は、教え子の世話
なんか出来るはずがない」とか、首をかしげる意見も。
しかも、女性のほうが圧倒的に多いと言われてます。
私に言わせれば、職責をまっとう出来ない人は家庭も築けないと思いますよ。
世の中には、色んな職業があって、出席したくても出来ない人が、たくさんいらっ
しゃると思います。
もっと、校長先生などと事前相談なり対策すれば・・・・