masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

少年逃走で家裁不手際認める

15日午後、熊本少年鑑別所熊本市西区)から少年が逃げた問題で、
熊本家裁は同日深夜、移送用のマイクロバスから少年を降ろす際、
車庫のシャッターが開いていたことを明らかにし、通常と異なる
手順が逃走を招いたと不手際を認めた。
家裁によると、通常は車庫に入れた後、鑑別所職員がシャッターを閉め、
付き添いの家裁職員が降車させる。
同日は別の車が止まっていたため、マイクロバスの前部のみ車庫に
入れたという。
しかし、なぜ鑑別所の職員が待ち受けていなかったのでしょう。
待機してたなら、スムーズに鑑別所内に収容できたのでは。
少年が腹痛を訴えたため、家裁職員2人はシャッターが閉まる前に、
少年を前後に挟む形で降車。
前にいた職員が鑑別所に入るドアをノックし、後ろの職員がインターホンを押す間に腰縄を握る手が緩み、その隙に逃げられたという。
もう一つ問題なのは、少年の逃走と言うことで、当初付近住民への連絡を
しなかったとのことです。
丁度近くの池田小学校の下校時間寸前だったのです。
もし、児童と鉢合わせしてたら、大変なことになってたかも。
少年事件となると、なぜかすぐ隠そうとする家裁の態度もおかしいですね。

それに、100人以上の警察官を動員して税金の無駄使いです。