masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

石原環境相 「最後は金目でしょ」

今朝は涼しくて、曇り空です。
石原さんは中間貯蔵施設での住民説明会で、もう嫌気がさしたのでしょう。
どんなに説明しても、住民とは平行線でしょう。
住民は絶対反対で、決して用地買収に応じる態度は示さないでしょうね。
どこの住民も同じです。
私なんか東京電力のありとあらゆる場所に置けばいいと思うくらいです。
それと安倍さんと各閣僚の敷地にも置けば、住民も納得するでしょう。
石原さんはつい本音が出たのでしょう。
まるで、住民はお金を要求してるみたいに聞こえますけど。

石原伸晃環境相は16日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染廃棄物を
保管する国の中間貯蔵施設建設をめぐり難航している福島県側との交渉について「最後は金目でしょ」と述べ、最終的には用地買収価格や交付金など金銭で解決するとの見方を示した。官邸で記者団の取材に答えた。
石原氏は直後に環境省内で緊急会見し「住民説明会で金銭の話がたくさん出たが、具体的内容は受け入れが決まるまで説明できないという意味だった」と釈明した。
しかし福島県佐藤雄平知事は「非常に残念で信じられない。
住民の皆さんの、ふるさとを思う気持ちを踏みにじる発言だ」と反発した。
石原伸晃環境相は17日の閣議後会見で、除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設をめぐる
福島県側との交渉を「最後は金目でしょ」と発言した問題について
「全くの誤解。私の品を欠く発言で不快な思いをされた方におわびしたい」と陳謝した。
石原氏は「住民説明会の結果、最後は用地の補償額、生活再建策、地域振興策の規模について示すことが重要という意味だった。
金銭で解決できる問題ではない」と釈明。
「被災者に寄り添い、丁寧な説明を続けたい」と述べた。
しかし発言の撤回については「正式な会見ではない。撤回とかそういう話ではない」と否定した。
民主党榛葉賀津也参院国対委員長ら野党6党の参院幹部は18日、国会内で会談し、東京電力福島第1原発事故に伴う中間貯蔵施設建設をめぐる石原伸晃環境相の「最後は金目でしょ」発言を受け、石原氏に対する問責決議案の提出を検討する方針で一致した。
19日に石原氏が出席して開かれる参院環境委員会の審議を踏まえて最終判断する。