masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

はなしのぶコンサート 終幕

今朝は晴れて、お昼から暑くなりそうですね。
昨日は 高森町の町民体育館で、最後の「はなしのぶコンサート」
がありましたとのこと。
雨の日は体育館であります。
ハナシノブが飾られた会場には県内外の約1400人が訪れ、
マンドリンとギターの音色に耳を傾けながら終幕を惜しんだと。
もう30年前でしたか、天皇陛下がお目見えされた時、打ち合わせでは、昭和天皇は演奏を聴きながら、横を通り過ぎられる予定になってましたけど、陛下は立ち止まりになられ、拍手をされました。
私はお仕事で少し携わってましたので、よく覚えてます。
陛下は秒単位で動かれ、交通信号の問題もありますので。
たぶんそれ以来、コンサートの人気が高まりました。
コンサートは1981年に始まった後、県内の植物学者や音楽家らによる
実行委員会(内野明徳委員長)が「野の花にささげる音楽祭」として主催。
尚絅中・高校ギターマンドリン部の部員減少などにより34回で幕を閉じることになった。
同日は薄紫色のハナシノブ約400鉢が飾られた中、同部員らが「丘を越えて」「川の流れのように」などを演奏し、熊本市の音楽家林田戦太郎さん(72)が自作の組曲「はなしのぶ」を披露。
会場と出演者が「花は咲く」を歌い締めくくった。(藤山裕作)