masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

パトカースピード違反で検挙される

今日はどんよりして、蒸し暑いですね。
雨は一昨日50ミリ程度降りましたけど、梅雨の中休みということです。
すっきりしなくて、洗濯物もカラッと乾きません。
さて、以前も書きましたけど、公明党の態度には呆れますね。
やはりかと思いました。
与党にしがみつき、国民を欺いて、次第に自民党にすり寄る姿は見苦しい
限りですね。
ところで、京都府警のパトカーが兵庫県警にスピード違反で検挙されたとのこと。
パトカーには、緊急走行時はスピードは無制限と思ってました。
でも、スピード違反を検挙する時以外は、緊急走行でも法定速度で走行しなければならないとは、初めて知りました。
これは他県のパトカーだから、検挙出来たことであり、身内のパトカーだったら果たして検挙したでしょうか。

京都府警高速隊員が運転するパトカーが兵庫県内の高速道路で緊急走行中、速度違反自動監視装置(オービス)に速度45キロ超過と測定され、
兵庫県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で検挙されていたことが27日、分かった。
府警は5月中旬、このパトカーを運転していた20代の男性巡査長を所属長訓戒、同乗の40代の男性巡査部長を本部長注意とした。
警察庁によると、緊急走行中のパトカーが速度違反で検挙されるのは極めて異例という。
府警などによると、2人は2月2日午後2時50分ごろ、兵庫の高速道路上で発生した当て逃げ事故の通報を受け、事情を聴くために通報者が待機する中国自動車道西宮名塩サービスエリアに向けて急行。
その際、高速道での緊急時最高速度が時速100キロ(取り締まり地点の法定速度は80キロ)だったのに145キロで走行した。
府警高速隊は「被害の全体像が見えない中、一刻も早く通報者の元に到着しようとしてしまった」と説明している。