masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ロアッソ支援へ県と熊本市が300万円

今日の予想最高気温は32度でしたけど、もう34度以上あります。
湿度も60%と、とても蒸しますね。
熊本にはロアッソと言うプロサッカーチームがあります。
ニュースでちらっと見ますけど、その時はチャンネルを変えますので、試合を見たことはありません。
いつも試合に負けてばかりです。
そのチームに熊本県熊本市が融資してるとは知りませんでした。
クラブライセンス」に資金が足りないとかですけど・・・・
プロスポーツに税金を投入して良いものでしょうか。
アマでないのですから、私は試合に勝って、収入を得るのが妥当だと思います。
いつも負けているチームを税金で支えるのは間違ってます。
負けてないで、もっと勝って観客数を増やす努力を、世の中厳しいです。
ファンで応援してる人達がいるとの事ですけど、その人たちは積極的に応援に行って、入場料を払い支えては・・・・
勝負の世界ですから、それが無理なら潔く解散するべきです。
市・県の税金があれば、少年サッカーチームの遠征費の補助金にしては。
ガソリン代も郄くなり、保護者は頭を痛めてます。

蒲島郁夫知事は23日午前、J2ロアッソ熊本の運営会社アスリートクラブ(AC)熊本を支援するため300万円の増資に応じる方針を明らかにした。
9月定例県議会に関連費用を盛り込んだ補正予算案を提出する。
AC熊本は、2016年シーズンの参戦資格となるJリーグの「クラブライセンス」審査に向け、100万円の債務超過解消を迫られている。
解消策として7千万円の増資目標を設定したが、2日時点の達成額は4450万円にとどまっており、株主の県と熊本市にも増資を求めていた。
蒲島知事は報道陣に「基本的に行政がかかわるべきではないが、ロアッソは子どもたちに夢を与え、経済効果もある。
一時的な債務超過でJ2に参加できないのは大きな損失。
県が増資に応じることで、企業や団体の増資にはずみがつくのではないか」と述べた。
県は08年、AC熊本に500万円を出資。
J1昇格が視野に入った11年に500万円を増資した。
新たな増資で、県の出資額は計1300万円となる。
熊本市も県と同額の300万円の増資を検討しており、9月補正予算案に計上する方針。
現在の出資額は1千万円。(渡辺哲也、平井智子)