masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

豪華寝台列車「ななつ星in九州」

今日も暑い日が続き、甲佐で37.9度で、熊本市で36.2度になりました。
夕方4時ころ、突風と雷鳴がとどろき、土砂降りになりました。
最近は、JR九州ななつ星」についてはあまり話題になりません。
どうも私たちが思ってたのと違って、「ななつ星」はアジアの富裕層に向けた
事業みたいですね。
なんとなくがっかりした感じです。
そもそも一般庶民とはかけ離れた料金ですからね。
1泊2日で15〜40万円、3泊4日で38〜95万円で、ちょっと手が出ませんね。
それでも、アジアの富裕層で予約で一杯だそうです。


JR九州(福岡市)は29日、豪華寝台列車ななつ星in九州」で
提供する食事の新メニューを発表した。
担当するのは、福岡市の「レストラン・ジョルジュマルソー」。
玄界灘で捕れた海産物など福岡、佐賀、大分の食材を使ったフランス料理の
コース(8品)を提供する。
同コースは、3泊4日コースの1日目の夕食に使用。
これまで担当していた大分市の日本料理店「方寸[ほうすん]」と隔週で、
8月26日出発分から提供する。
同日開かれた記者会見で、ジョルジュマルソーの小西晃治オーナーシェフ(46)は
ななつ星での提供を通して、九州の食を世界に発信したい」と意気込みを語った。
JR九州の青柳俊彦社長も「小さな変更を重ね、パワーアップを図りたい」と話した。
ななつ星」は2013年10月に運行開始。1泊2日と3泊4日のコースがあり、
これまで両コース合わせて1014組、2031人が乗車している。(九重陽平)