masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

日航機墜落事故から29年

今日も曇り空で、梅雨の延長みたいに蒸し暑いです。
最近は体調がすぐれなく、糖尿病のお薬に血圧や心臓のお薬を服用してます。
そのうえ、3日間便通が良くなく、便秘のお薬アローゼン顆粒を頂きました。
何か薬漬けになってしまいそうです。
今日は520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故から29年。
遺族らは早朝から大粒の雨が降る中、墜落現場となった群馬県上野村
御巣鷹の尾根」に慰霊登山したとのこと。
「安全に配慮してほしい」。今年は海外で空の事故が相次ぎ、安全運航を一層強く祈った。
遺族らは、雨具を着たり傘を差したりして尾根にある「昇魂之碑」の前で手を合わせた。
「安全の鐘」を鳴らして冥福を祈る人の姿もあったとのこと。
ところで、飛行機事故といえば、1971年7月30日の全日空機と自衛隊機との雫石衝突事故が思い出されますね。
乗員・乗客162人が死亡、自衛隊機側は脱出して無事だった。
当然、自衛隊機が100%悪いと思ってましたら、そうでなかったのに憤慨しましたね。
飛行区域の問題や全日空機の見張り回避義務の問題があったとかで、衝突した自衛隊機の訓練生は無罪という、馬鹿な判決でした。
そして、全日空は国に6.5億円を支払い、国は全日空に7.1億円支払ったとのこと。
旅客機も戦闘機のように飛べということでしょうか。