masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

中小企業の景況感大幅悪化

今日も曇り空で、時々晴れて、パラパラ雨が降ると言うお天気です。
湿度が8〜90%で蒸し暑いですね。
もう少し雨が降れば涼しくなるのですけど。
先日、日銀から景気判断がありましたけど、景気が上向いてるとかでしたけど、日銀と経済産業省の発表はまったく信用できませんね。
東京のような都会と違って、熊本という低賃金の地域のためでしょうか。
熊本市の中小企業による景気判断は、製造業では改善したものの多くの業種で悪化し、全体としてはことし3月期に続いて2期連続して悪化していることが熊本商工会議所の調査でわかりました。
この調査はことし6月下旬に熊本市内の中小企業400社を対象に行われたもので、78%にあたる314の事業所から回答がありました。
それによりますと、景気の現状について「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた差はマイナス21ポイントで、前回、ことし3月の調査より14.7ポイント悪化し、2期連続の悪化となりました。
業種別では、製造業と飲食業では改善しましたが、そのほかの建設業や卸売、小売、サービス業などはいずれも悪化し、特に卸売と小売は2期連続での悪化となりました。
今後の見通しについては多くの業種で改善するとしているものの、景況感としては低い水準にとどまっています。
熊本商工会議所では、中小企業には消費税率の引き上げにともなう駆け込み需要の反動に加え、原材料価格の高騰などで景気の先行きへの不透明感があるとして、消費税率引き上げの影響を注意深く見ていく必要があるとしています。