masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

7−9月GDP 2期連続のマイナス

アベノミクスの失敗がはっきりしてきましたね。
第三の矢が放たれるどころか、第一の矢ばかり打っては、景気は回復しないどころか副作用ばかりです。
安倍総理大臣が消費税率を10%に引き上げるかどうかを判断するうえで重要な経済指標となる、
ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の伸び率は、物価の変動を除いた実質で前の3か月間と比べて
マイナス0.4%、年率に換算してマイナス1.6%と2期連続のマイナスとなりました。
消費税率引き上げ後の前の3か月間よりも悪化したことになります。

内閣府が発表した、ことし7月から9月までのGDPの伸び率の速報値は、物価の変動を除いた実質で前の3か月間と比べてマイナス0.4%となりました。
これを年率に換算しますとマイナス1.6%となり、消費増税の影響で年率でマイナス7.3%と東日本大震災の時を超える大幅な落ち込みとなった4月から6月に続いて、2期連続のマイナスとなりました。
主な項目では、「個人消費」は、消費増税などの影響は一巡したものの、物価が上がったことに夏の天候不順が重なり、0.4%のプラスにとどまりました。
また、企業の「設備投資」は0.2%のマイナスでした。
「住宅投資」も消費増税による反動減が続いているため、6.7%の大幅なマイナスとなりました。
一方、外需は輸出が輸入を上回り、GDPを0.1ポイント押し上げました。