masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

小学生でトラフグ給食



今朝は曇り空で17度くらいで、暖かい朝でしたかど、気温は上がらず13.7度まで下がりました。
最高気温は19.2度で深夜に出ました。
少学校でフグの給食とは、ちょっと贅沢な気がしますけど。
天草市の小学校で、28日地元で養殖されたトラフグのから揚げが給食に登場し、子どもたちが地元産の高級魚の味に舌鼓を打ちました。
トラフグを提供したのは、天草市など県内の18の事業者でつくる県トラフグ養殖協議会です。
全国の養殖業者で作る団体が11月29日を「いいフグの日」に制定したことから子どもたちに本物の味を知ってもらおうと、去年から始めました。
28日は、天草市内の4つの小中学校へおよそ470食のトラフグのから揚げが提供され、このうち全校児童142人の天草市立倉岳小学校には、生産者たちが訪れ、子どもたちと一緒に給食を楽しみました。
しっぽまでカラリと揚がった体長10センチほどのトラフグが1人に1匹用意され、子どもたちはさっそくほおばって、高級魚の味に舌鼓を打ちました。
6年生の男子児童は「身がプリプリとしてておいしいです。刺身でも食べてみたい」と話していました。
フグを提供した地元の生産者小川明秀さんは「子どもたちに給食で、地元で育てられたトラフグを食べたという思い出を持ち続けてもらいたい」と話していました。