masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

観光地阿蘇、噴火で鈍る客足 



今日はお天気が悪く、時々小雨が降って寒く感じますね。
朝10時までは14.9度ありましたけど、お昼1時過ぎは13度と気温が下がってます。
お洗濯したかったのですけど、お洗濯しても良く乾かないし。
今日の風向きは南西から北東で、火山灰はたぶん大分の方に流れていると思います。
阿蘇中岳が噴火して初めての週末を迎えた29日、阿蘇地域のホテル・旅館では予約のキャンセルが相次ぎ、観光施設も普段に比べて軒並み客足が鈍ったとのこと。
関係者は噴火の長期化に加え、風評被害にも不安を募らせてます。
阿蘇市一の宮町宮地のかんぽの宿阿蘇」では、同日の宿泊客約60人が予約をキャンセル。
柏田弘利総支配人は「県外がほとんど。飛行機が離発着できない可能性への不安もあるようだ」。
12月中旬の予約分まで影響が出ているという。
阿蘇市小里の観光施設「はな阿蘇美」では予約の6団体のうち、3団体60人余りがコース変更で昼食をキャンセル。
同市黒川の「阿蘇カドリー・ドミニオン」も先週末と比べ3〜4割減。
南郷谷を走る南阿蘇鉄道の観光列車「トロッコ列車」は、空席が目立った。
今年最後の定期運行となる30日も25人の団体客が予約キャンセル。
噴火した25日以降、「大丈夫か」などと問い合わせが20件ほどあった。
「安全は確保しているが、噴火が長引くのが心配」と同鉄道。
阿蘇村の阿蘇白水郷美術館は、降灰の影響で客足がばったり。
火口から20キロ離れた南小国町の黒川温泉でも、外国人観光客らが宿泊を見合わせた。
観光客からの問い合わせも多く、各旅館は「火口から距離があるので大丈夫」とアピールするのに躍起だ。