masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

雲海に浮かぶ“天空の道” 阿蘇市北外輪山


熊本はお昼は暖かく感じられ、洗濯物をたくさん干しました。
ただ、風の方角次第では火山灰が飛び、飛行機が欠航になるという不便が生じてます。
また、洗濯物や車などが被害を受けたり、特に農産物は深刻な被害を受けてます。
活発な火山活動を続ける阿蘇中岳で、阿蘇山上広場への夜間の立ち入り規制が昨夜から始まりました。
阿蘇中岳の立ち入り規制は現在、気象庁の噴火警戒レベル2に沿って火口から概ね1キロの範囲としていますが、地元の市町村などでつくる阿蘇火山防災会議協議会は、8日から夜間に限り火口からおよそ1・5キロに規制範囲を
広げ、阿蘇山上広場への立ち入りを禁止としました。
午前9時には、噴煙が火口から400メートルまで上がり、南側に流れました。
午後も北よりの風が続き、今夜は北東の風が吹く見込みです。
ところで、阿蘇地方は9日未明から霧が発生し、阿蘇谷は朝方にかけ雲海に覆われた。
熊本地方気象台によると、湿った地表付近の空気が放射冷却現象で冷やされ、風も弱かったことから雲海が発生したとみられる。
ラピュタの道」として人気の阿蘇市狩尾の市道を望む北外輪山では、月明かりに照らされた雲海に“天空の道”が浮かび、幻想的な世界が広がったとのことです。