masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

天候荒れ 山岳遭難など

お正月2日目、昨日もあまりお天気が良くなく、今朝も熊本は寒い朝でした。
熊本市は曇り空で霧雨みたいな雨が降って、最高気温が5.6度で最低気温は氷点下1.8度でした。
高森は真冬日で最高気温は氷点下0.7度で、最低気温は氷点下3.9度でした。
一番寒い朝は南小国で氷点下8.4度、阿蘇市で氷点下6.7度、菊池市で氷点下5.1度でした。
ところで、2日午前7時半現在も北海道から九州まで日本海側の広範囲で雪が降り続いていて、北陸では雪の降り方が強まっているとのことです。
北陸から東北の山沿いでは積雪がさらに増え、青森の酸ヶ湯では2メートル70センチを超えて今冬一番の積雪を観測しています。
また、北陸では富山や福井の市街地でも最も多い時の積雪が30センチを超えました。
大雪の影響で三重県奈良県を結ぶ「名阪国道」の下り線でスリップする車が相次ぎ、国道事務所によりますと一時、100台ほどが動けなくなりました。
その後、除雪作業や車の誘導が進められ、車の立往生は解消されつつあるということです。
さて、先月31日、長野県の北アルプス燕岳で遭難し、心肺停止の状態になっていた女性が2日朝、ヘリコプターで救助されましたが、死亡が確認されました。
死亡したのは山梨県笛吹市の無職・相川春美さん(64)で、先月31日、燕岳を1人で登山中に「道がわからなくなった」と自宅に連絡がありました.
家族から近くの山小屋へ連絡が入り、山小屋の従業員4人が周辺を捜索して尾根付近の稜線(りょうせん)で相川さんを見つけました。
発見した時は意識があったが、山小屋へ搬送中に意識を失い、心肺停止の状態になったという。
相川さんは2日午前8時頃、県警のヘリで救助されたが、約2時間後に死亡が確認されました。
先月31日は吹雪で視界も悪かったという。
また、先月31日、山梨県にある南アルプス北岳で遭難した男女2人のうち、男性が2日朝、救助されました。
女性はまだ見つかっていないと。
救助されたのは京都府の40代とみられる男性で、大阪府の40代とみられる女性と先月29日から標高3193メートルの北岳に登っていたが、先月31日になって「道に迷った」と警察に救助を求めていました。
山梨県警は1日に続きヘリコプターで捜索を再開し、携帯電話で山小屋に避難していることが分かった男性を救助した。
男性は病院に運ばれたが、意識ははっきりしているという。
一緒にいた女性はまだ見つかっていないと。