masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

インフルエンザ警報レベルに


今朝は霧が濃く、晴れてるのかわからないくらいでした。
熊本市で最低気温は3.5度で平年より暖かい朝でした。
県内で一番低いところは、あさぎり町で0.3度で氷点下なところはありませんでした。
最近、病院は風邪で混んでますね。
待合室は風邪とそうでない人と分けて欲しいです。
いつ風邪をうつされるか心配です。
さて、熊本県内ではインフルエンザの患者の数が急増し、「警報レベル」を超えたとして、熊本県は手洗いの徹底など予防を呼びかけています。
熊本県によりますと、今月11日までの1週間に県が定点観測している8の医療機関から報告されたインフルエンザの患者の数は4578人で、前の週の2.3倍に急増しています。
この結果、1医療機関あたりの患者の数は57.23人となり、警報の基準とされる30人を大幅に超えました。
警報レベルに達したのは昨シーズンより3週間早いということです。
地域別に見ますと、天草地域が85.14人と患者数が最も多くなっているほか、宇城地域で79.83、八代地域で73.86などとなっていて、阿蘇地域を除く県内すべての地域で警報レベルを超えています。