masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

天草市五和町 高級干し柿の出荷盛ん

今日の熊本は、朝の冷え込みは少なかったのですけど、最高気温が8.4度までしか上がりませんでした。
熊本では10度以下になると、大変寒く感じます。
阿蘇地方はチエーン規制が行われてます。
低気圧と寒気の影響で、5日は西日本から東北にかけての広い範囲で雪が降り、太平洋側の平地でも6日朝にかけて積雪が多くなるおそれがあります。
上空の寒気の影響で5日朝は西日本と東日本の各地で雨や雪が降り、関東甲信や東海では平地でもところによって雪が降っています。

さて、大きくてとろけるような舌触りが特徴の干し柿が、天草市五和町で出荷の時期を迎えました。
高いものになると1個1000円という、高級「干し柿」の出荷が始まりました。
この干し柿は、五和町手野地区の住民29人が地域の新たな特産品にしようと生産から販売まで取り組んでいて、去年から本格的な販売が始まりました。
地元の民家に1本だけ残っていた大振りの品種の渋柿を地元の特産品にしようと、渋柿の原木を接ぎ木して育てているもので、現在、29戸の会員の庭などにおよそ600本が植えられています。
去年11月に皮をむき、ビニールハウスの中で干して出来上がった干し柿は「芹生のべっぴんさん」と名付けられ、1個ずつ丁寧に化粧箱に詰められます。
農業用ハウスのなかで冬の冷たい風にあてながら40日ほどかけて干したもので、上品な甘さととろけるような舌触りが特徴です。
一般的な干し柿の2倍から3倍ほどの重さがあり、1つ1つ和紙にくるんで箱詰めされ、主に贈答用として販売されます。
120グラム以上のものは1個1000円もするそうですが、今年の出荷分700個についてはすでに予約で完売しているということです。