masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本市の花火大会 江津湖で開催へ

今日は曇り空で、熊本市はあまり冷え込みはなく、最低気温は4.1度でした。
熊本県で一番寒かったのは南小国で町で氷点下1.4度でした。
阿蘇山上では氷点下1.8度と南小国町とあまり変わりませんでした。
さて、交通事情や近隣住民の騒音問題やごみのちらかし問題などで、花火大会が中止になってましたけど、また5年ぶり開催するとのことです。
それも経費がなんと1億円もかかると言うことです。
別に花火大会を要望してる市民運動もないし、市長の人気取りみたいですね。
とにかく、少年非行は起きるし、車は無理して侵入(進入)し近くの住民は大迷惑です。
開催するならスポンサーを募って、税金は警備費くらいに使って欲しいですね。
熊本市は中断していた夏の花火大会を今年の夏開催する方針であることがわかりました。
花火大会は2004年まで水前寺江津湖公園、2010年までは藤崎台県営野球場で実施されていましたが、観客の安全性が確保できないことを理由に中止していました。
そのような中、熊本市は今年8月に水前寺江津湖公園での開催をめざし花火大会の打ち上げ費や警備関連経費など開催経費として1億700万円を今年度一般会計補正予算に盛り込み、2月定例市議会に提案する方針です。
花火大会の復活は、大西一史熊本市長が市長選の中でも重要項目としてマニフェストの一つに掲げていました。
大西市長は実現するなら近隣住民、来場者が安全に楽しめるようにとしていて4月ごろまでには実行委員会を立ち上げ、体制を整えていく方針です。