masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

子供の善意を踏みにじるコンビニの夫婦たち

子供の善意を踏みにじるコンビニの夫婦の行為で、子供の心の傷はとても深いでしょう。
間違いでは済まされない問題です。
だいたい、もし、カードを盗んだらわざわざ届けるでしょうか。
警察まで出頭させられたのでは、ショックの大きさは計り知れません。
警察より児童相談所で調査するべきでは。
毎日新聞 2月14日(土)15時0分配信
経営者が警察に通報も 防犯ビデオ分析で無実判明、謝罪
大分県日田市のコンビニエンスストアで、商品の遊技用カードの袋が破れているのを店に届けた小学生6人を経営者が容疑者扱いしていた。
警察の捜査で別人物が破っていたと判明し、店側が謝罪したが、父母によるとうち1人は一時学校を休んだといい、善意を逆にとられたショックは癒えていないという。
児童の父母によると、3〜5年生の6人が7日朝、この店で買い物をした際、2袋が破られて床に落ち、一部のカードが抜き取られているのを見つけ、店員に届けた。
翌8日、コンビニの経営者が児童と保護者を呼び出し「破って中のカードを盗んだだろう」とただした。
児童は「何もしていない」と否定したが、店側は警察に通報。児童6人は県警日田署で個別に事情を聴かれた。
その後、防犯ビデオの分析で6人は無関係と判明。
事情を知った経営者夫婦や店長ら5人が謝罪したが、泣きじゃくる児童もいたという。
毎日新聞の取材に対し、コンビニチェーン本部(東京)広報センターは「経営者から『口頭で謝罪した』との報告があったが、更に事実関係を確認し、きちんと対応する」とコメントしている。【楢原義則】