masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本バス 「赤バス」の通称

熊本バス(くまもとバス)は、熊本県熊本市を拠点とする路線バス・貸切バス事業者である。
旅行代理店や自動車学校なども運営する。本社は熊本市東区の熊本中央営業所に所在。

路線は熊本市内の南部と熊本市の南部の県中央部と中央部を横断して山都町や馬見原まで。
いずれも過疎地を運行するため、乗車率は非常に悪いです。
かと言って、廃止すれば地元の特にお年寄りには大変なことになります。
熊本県がもっと補助すべきです。
車体塗装がオレンジ色と白色のツートンカラーであることから地元では「赤バス」の通称で呼ばれることがある。
1997年以降に導入された車両はオレンジ色と白色の組み合わせはそれまでの車両と変わらないものの、塗り分けが大幅に変更され、側面の白色の面積が大きくなった(以前に導入された車両でも塗り替えられたものもある)。
なおこの塗色変更の過渡期において、クリーム色地にオレンジ色の「く」の字形の帯を入れたデザインとなった車両もある。
大正元年11月 会社創立  御船(みふね)鉄道株式会社の社名にて設立
昭和2年 社名を熊延鉄道(ゆうえんてつどう)株式会社と変更
熊本市南熊本駅下益城郡砥用町(現:美里町砥用駅 まで運行)
昭和15年 一般乗合及び貸切旅客自動車運輸業営業開始(熊延バス)
昭和39年 鉄道廃止、社名変更(鉄道部門を廃止し、社名を熊本バス株式会社へ変更)
熊本県御船町に自動車学校設立(兼業)
社員192名/乗合バス91台/貸切バス11台/自動車学校教習車33台(自動二輪13台含む)
私は子供の頃、南熊本駅で、豊肥線の車中から熊延鉄道を見ましたけど、乗ったことはありませんでした。
熊延鉄道は熊本から延岡までつながる予定でした。