masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

群馬警察官 女児誘拐未遂

今朝は良く晴れて、冷え込み、熊本市で最低気温は氷点下0.5度でした。
阿蘇市で氷点下2.6度、南小国で氷点下2.6度、あさぎり町で氷点下5.5度、菊池市で氷点下3.7度でした。
あさぎり町が一番寒い朝になりました。
さて、私は数回の引っ越しをしましたけど、1か月内に必ず近くの交番からお巡りさんが来て、おおまかな家族構成と緊急連絡先を聞いて帰られました。
それがいわゆる「巡回連絡カード」というものですね。
それを悪用されると、民間人はどうしょうもありませんね。
しかし、女児はよく容疑者の顔を覚えてて、すぐに誘いに乗らず、まずは母親に確認を取ったとのことです。
群馬県警渋川警察署地域課の巡査秋山暢大容疑者(24歳-群馬県渋川市)を小学4年の女児(10歳)を誘拐しようとしたとして未成年者誘拐未遂の疑いで群馬県警は2015年2月18日に逮捕した。
非番だった秋山容疑者は1月15日夕方、女児の自宅前の路上で女児が学校から帰宅したところに「パパが交通事故に遭って病院に運ばれた。すぐに来てくれないか」と嘘を言って小学4年の女児(10歳)を誘い出そうとしたがそれを女児が拒否し未遂に終わった。
渋川警察署吉岡町交番に勤務していた秋山暢大容疑者は小学4年の女児とその父親の名前をあげて声をかけていたということで、警察は、家族の名前を事前に調べるなど計画的に犯行に及んだとみて捜査している。
「去年12月、児童の自宅を巡回連絡で訪れ、その際に児童と初めて顔を合わせた」と供述していることがわかった。
秋山暢大容疑者は地域の情報を収集するために、家族構成や緊急時の連絡先などの記入を求めている「巡回連絡カード」を悪用して、情報を得ていた可能性があるとみている。