masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

県民百貨店 あす閉店

青春時代の思い出の場所が消えるのは寂しいですね。
20歳代の時のデートの場所でもあります。
岩田屋伊勢丹で始まり、岩田屋になり、くまもと阪神になり、県民百貨店になりと名称がころころ変わりました。
交通センターの横にあり、交通の便は良かったです。
28日に閉店する県民百貨店熊本市

県民百貨店熊本市中央区桜町、松本烝治社長)は閉店日となる28日、午後6時で営業を終了し、1973年の岩田屋伊勢丹開業から続く42年の歴史に幕を下ろす。
最終日は午前10時に開店。
同店は「従業員や建物との最後のお別れに、ぜひ足を運んでほしい」と呼び掛けている。
株式会社・県民百貨店は、2002年に熊本岩田屋が撤退を表明後、百貨店の継続に向けて地元企業などが出資し設立。
阪神百貨店と業務提携し、翌年「くまもと阪神」としてスタートした。
阪神との契約が切れた11年からは、店名を県民百貨店に変更した。
九州産交グループが進める桜町再開発事業に伴い、新たな商業施設へ再入居するための増資案が、14年5月の臨時株主総会で否決。
収益が見込める移転先が見つからず、同年8月に閉店を発表した。
14年1月期の売上高は118億7900万円、純損益は1億2800万円の赤字だった。
正社員約130人を含む従業員約300人は百貨店が契約する就職支援会社を通じ、再就職先を探している。
正社員の雇用契約は3月15日まで。建物は、再開発事業に伴い8月に解体される。(飛松佐和子)