masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

公務員の万引きやひき逃げ

お昼は24.7度まで気温があがり、夏日寸前になりました。
数日までは13度くらいで寒かったと思えば、少し暑いくらいになりました。
さて、食品万引きで市教育委員会の職員を懲戒処分したとのことです。
万引きと言っても窃盗です。しかも公務員で教育に携わる者が停職3か月とは甘すぎるのではないでしょうか。
それも、一つだけ魔が差して万引きしたならともかく、肉や野菜など6600円分も窃盗して。
岡山市教育委員会の職員がスーパーで食料品およそ6600円分を万引きをしていたことがわかり、岡山市は16日付けでこの職員を停職3か月の懲戒処分にしました。
懲戒処分を受けたのは岡山市教育委員会の50代の女性職員です。
岡山市によりますと、この職員は2月24日、勤務先から帰宅途中に岡山市中区のスーパーマーケットで、肉や野菜・菓子などあわせて11点およそ6600円分を自分のかばんに入れて代金を支払わず持ち帰ろうとしたところをスーパーの保安員に呼び止められました。
スーパーが警察に通報し、事情を聞いたところ職員は万引きを認めたということです。
岡山市によりますと職員本人が警察から任意の事情聴取を2度にわたって受けたあと3月4日になって上司に申告したということで、岡山市は16日付けでこの職員を停職3か月の懲戒処分にしました。
また、ひき逃げで消防署員を逮捕とは、しかも大けがを負わせて逃走とは。
まして、けが人を救助する消防署員が逃げるとは情けないですね。
15日、埼玉県幸手市の県道で、自動車を運転中に、道路を横断していた男性をはねて大けがを負わせ、そのまま逃げたとして、21歳の消防署員の男がひき逃げなどの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、埼玉東部消防組合白岡消防署の消防署員、鈴木諒太容疑者(21)です。
警察の調べによりますと、鈴木容疑者は、15日午前0時40分ごろ、幸手市中の県道で、軽乗用車を運転中に、道路を横断していた42歳の男性をはねて、足を骨折させる大けがを負わせ、そのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いが持たれています。