masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本市営バス31日運行終了 87年の歴史に幕

今朝は少し曇り空でしたけど、次第によく晴れて、寒かったです。
プラスチック類ゴミ出しに出ましたら、最近の暖かさに慣れたせいか、冷たく感じられて、熊本市で最低気温が2.6度でした。
県下、阿蘇市で氷点下0.5度、南小国で氷点下2.3度、あさぎり町で氷点下0.7度で、菊池市で氷点下0.6度でした。
南小国町が一番寒い朝になりましたけど、阿蘇山上氷点下3.2度でした。
さて、熊本市営バスが31日、全路線の民間移譲に伴い、87年余の歴史に幕を下ろすことになりました。
4月からは民間バス3社が共同で設立した熊本都市バス熊本市)が運行を担うとのこと。
市営バスは愛想が悪く、私はあまり好きになれませんでした。
都市バスは意外と丁寧で、ひとりひとりにお礼を言われる運転手さんがいたり、またの乗車をと言われる人もいます。
市営バスは1927年(昭和2年)11月23日に運行を始めました。
69年度の乗降客数は約3900万人だったが、マイカーの普及で減少を続け、2008年度は約1100万人と3分の1以下に減りました。
ひとつには同じ路線を3社も競合して走ったりして、経営の在り方にも問題があったのでは。
当然、これに伴い、1989年度から17年連続で単年度赤字を計上し、累積赤字も膨らみ続ける親方商売でした。
市内では民間5社もバス路線を運行しているのに、競合路線の整理を早くして、民間に全面移譲すれば良かったのに。
熊本都市バスへの移譲を段階的に進め、14年度の市営バス路線は、交通センター(中央区)―三山荘(東区)だけになりました。
全面移譲後、少なくとも17年度までは現行路線は維持される。
市交通局が所有するバス32台のうち、31台は熊本都市バスに約3500万円で売却し、残り1台は競売にかける。
また、市内95郵便局で、記念の切手シート(1シート1230円)を1000枚販売する。
問い合わせは、日本郵便九州支社郵便局本部(096・328・5436)へ。