masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本県阿蘇市・仙酔峡に華やぐピンク色 ミヤマキリシマ満開

深夜から朝方まで雨が降ってて、どんよりしたお天気で、しだいに晴れて来るそうですけど。
気温は熊本市で16.1度で暖かい朝でした。
各地の最低気温は、阿蘇市で12.8度、南小国で13.1度、あさぎり町で14.3度で、菊池市で15.3度でした。
もう数年前でしたか、列車とタクシーで仙酔峡に行きました。

たくさんの人が来てて、サンダル履きでしたので狭い道を行き交うのが少し大変でした。
その前までは車で行ってましたので、交通の便が悪いなと感じました。
熊本県阿蘇市仙酔峡で、ミヤマキリシマが見頃を迎えた。連休の行楽客が各地から訪れ、満開の花と初夏の薫りを楽しんでいたとのこと。
阿蘇山高岳の中腹にある仙酔峡には約5万株のミヤマキリシマが自生する。
今年は中岳の火山ガスや降灰の影響が心配されたが、枝先を枯らしたのは2割弱。
残りは無事に花をつけ、山をピンクに染めた。
例年より早めの満開で、見頃は1週間先まで続きそう。
ヤマキリシマ(深山霧島)とは、ツツジの一種で九州各地の高山に自生する。
1m程度の低木で、花期は概ね5月下旬から6月中旬。枝先に2-3個ずつ紫紅色の花をつけるが、桃色、薄紅色の花も見られる。
また、気候が似通った秋にも少し咲くことがある。
「花に仙人が酔うほどうつくしい峡谷」という意味が込められた仙酔峡は、初夏に5万本ものピンクのミヤマキリシマの花で埋まる。
現在は中岳、高岳遊歩道も完成し、中岳火口一帯の険しい岩場を眺めながらのハイキングと組みあわせて楽しめる。