masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

内閣府1−3月GDP 2期連続のプラスとは本当??

昨日の県内は高気圧に覆われて、晴れて気温が上昇し、県内ではことし初めて人吉市などで最高気温が30度以上の真夏日となりました。
日中の最高気温はあさぎり町で30.5度、また、人吉市でも一昨日より10度も高い30.4度を観測しました。
県内で気温が30度以上の真夏日となったのはことし初めてです。
熊本市でも29.8度、鹿北で29.9度と、7月上旬並の暑さになりました。
熊本地方気象台によりますと、きょうの県内は高気圧に覆われて晴れますが、雲が多少広がる見込みで、きのうほど暑くはならないということです。
一方、県内各地の消防によりますと、熱中症の疑いで午後4時半現在で少なくとも4人が病院に搬送されたということです。
このうち、合志市では午後2時すぎに、路上に止めた車の中で、60代の男性がけいれんを起こし、意識がない状態で病院に運ばれました。
ほかの3人は軽症とみられるということです。
さて、内閣府が1−3月GDP 2期連続のプラスと発表しましたけど、私は政府、日銀の発表は全然信じてません。
ことし1月から3月までのGDP=国内総生産は、消費増税の反動減の影響が一巡し、雇用や所得環境も改善していることなどから、前の3か月と比べ、実質でプラス0.6%、年率に換算してプラス2.4%となり2期連続のプラスとなりました。
内閣府が発表したことし1月から3月までのGDPの伸び率の速報値は、物価の変動を除いた実質で前の3か月と比べてプラス0.6%となりました。
この伸びが1年間続いた場合の年率に換算しますと、プラス2.4%となり、2期連続のプラスとなりました。
主な項目では、消費増税の反動減の影響が一巡し雇用や所得環境も改善していることなどから、「個人消費」がプラス0.4%となったほか、「住宅投資」もプラス1.8%となりました。
また、企業業績の改善を背景に「設備投資」もプラス0.4%となりました。