masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

マンゴーの収穫 天草市で本番

今日は午前中はとても良く晴れまして、お昼から雲が広がりました。
熊本市の最高気温は31.3度になり、昨日に続き真夏日になりました。
県下、人吉市で32.1度、鹿北町で31.7度、菊池市で31.4度、あさぎり町で31.8度、岱明町で31.4度、牛深町で31.2度、甲佐町で30.4度でした。
さて、マンゴーは甘くて大変おいしいですけど、1個1千円以上でなかなか買うのはですね。
天草市で、高級フルーツとして知られるマンゴーの収穫が本格化しています。


天草市二浦町の山下亀男さんの10アールの農業用ハウスでは、130本余りのアップルマンゴーが栽培され、
収穫の時期を迎えた実が甘い香りを漂わせています。
市農業振興課によると、市内では農家3戸が計約30アールで栽培し、山下さんは20アールで
アップルマンゴー」と呼ばれるアーウィン種の約360本を手掛ける。
今年の収穫は春先の日照不足で例年より2週間ほど遅れ、今月初旬に始まった。
熟したマンゴーは自然と枝から離れるので、熟して落ちるのを防ぐために実を覆うようにネットをかぶせて管理します。
この時期は30度以上にもなるというハウスの中で、山下さんはネットの中に落ちた直径5〜10センチのマンゴーを見つけると、柔らかい表面に傷が付かないよう収穫していました。
ことしは先月の日照不足で例年より収穫が遅れていましたが、味はよく、糖度も16度ほどと、上々の仕上がりだということです。
山下さんは「コクのあるおいしさの天草マンゴーをぜひ味わってほしい」と話していました。
収穫は来月いっぱい続き、東京や大阪の市場に向けて出荷されるということです。
1万5千個を東京などへ出荷する予定。
直販にも応じ、300グラム前後のL玉3個入りセット(4千円)が人気という。