masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

除草ヤギ、貸し出し…環境に優しく癒やし効果も

今朝はどんよりとしてて、お昼から晴れて来ました。
熊本市の最低気温は20.2度と暖かい朝でした。
県下、阿蘇市で15.5度、南小国で14.6度、あさぎり町で18.6度で、菊池市で18.6度でした。
空気がカラッとしてなく、お昼から蒸す感じです。
紫外線を避けて、夕方から病院に行って来ます。
かぜの患者さんがいなくなり、待ち時間が30分と半分になりました。
今日から6月で、もうすぐ梅雨入りでしょうか。
さて、以前除草用のヤギが盗まれ、食べられた事件がありましたけど、今度天草でヤギの貸し出しが
されるとかで、盗まれないようにしないとね。
貸し出し用のヤギの世話をする寛昭さん


除草にヤギはいかがですか――。地域活性化に取り組む熊本県天草市の市民団体「天草デザインプロジェクト」(金子順子代表)は、好き嫌いが少なく食欲旺盛なヤギを除草に役立ててもらおうと、飼育モニターを募集している。
草刈り機より時間はかかるものの、二酸化炭素排出量やコストの削減にもつながる「エコな除草」が売りで、癒やし効果も期待できるという。
同団体は昨年6月から、同市本渡町の金子代表宅など2か所でヤギ3匹を試験的に飼育。金子代表の夫で、ヤギを管理する寛昭さん(57)によると、ヤギはカラスノエンドウやシダ類、ヨモギドクダミなどの下草をはじめ、ドングリやビワなどの樹木の葉が好物だという。
3匹は約4か月間で、耕作放棄地約1200平方メートルの雑草を食べ尽くした。
草刈り機を使用すれば、刈った草がごみとなるが、ヤギは食べて消化するだけ。ふんも臭いはほとんどなく、堆肥としても利用できる。
また、以前はイノシシが小学校の通学路に出没したり、農作物を食い荒らしたりするケースがあったが、除草後はほとんど姿を見かけなくなったという。
近所の高齢者や子どもたちがヤギを見るため、金子代表宅をたびたび訪れて交流の輪が広がり、癒やしの効果もみられるという。