masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本県八代・天草地方 避難勧告

熊本市は昨夜からずーと雨が降ってまして、深夜は特に強い雨で、合計すると100ミリ以上になってるのではないでしょうか。
気温は22度くらいで低いのですけど、湿度が高くて、県の中部の八代地方や天草地方は大雨になってます。
天草市牛深地区で避難勧告 09時56分
熊本県天草市は、市内の一部に土砂災害警戒情報が出されたことなどから、午前9時前市西部の牛深地区の6981世帯1万4774人に避難勧告を出しました。
天草市は、公民館など9か所に避難所を開設して、早めの避難を呼びかけています。
大雨 土砂災害に警戒を 06月03日 10時01分
前線の影響で、県内は降り始めからの雨量が200ミリを超えた所があり、天草市西部では土砂災害の危険性が特に高まっているとして気象台や県が厳重な警戒を呼びかけています。
気象台によりますと午前9時までの24時間に降った雨の量は、天草市牛深で204・5ミリ、五木村で197・5ミリなどとなっていて昼前にかけて局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。
気象台と県は天草市西部では土砂災害の危険性がとくに高まっているとして土砂災害警戒情報を出して厳重な警戒を呼びかけています。
またそのほかの一部の地域にも大雨警報が出ていて、気象台は土砂災害に警戒するとともに低い土地の浸水などに注意するよう呼びかけています。
一方、天草市は午前9時前に土砂災害警戒情報が出ている市西部の牛深地区の(うしぶか)6981世帯1万4774人を対象に避難勧告を出しました。
八代市など土砂災害警戒情報  06月03日 10時08分
熊本地方気象台熊本県は、午前10時前に新たにに八代市西部と芦北町、それに球磨村にに土砂災害警戒情報を出しました。
これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高くなっているとして厳重に警戒するように呼びかけるとともに、崖の近くや渓流など土砂災害の発生しやすい地区に住んでいる人には早めの避難を呼びかけています。
また、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意するよう呼びかけています。
熊本県内では天草市西部にも土砂災害警戒情報が出されています。


八代市で土砂崩れ24人孤立 06月03日 10時22分
八代市によりますと、市内の坂本町市ノ俣の市道が土砂崩れのために通行できなくなっていて、近くにある2つの集落のあわせて15世帯24人が孤立した状態となっているということです。
NHKが2つの集落の住民にそれぞれ電話で取材したところ電気や水道、電話などライフラインに異常はなく、落ち着いた様子で自宅で待機しているということです。
2つの集落のうち市ノ俣集落に住む中川ミツ子さん(84)は、「朝の5時前に起きた時からひっきりなしに雨が降っています。市役所に電話しても、道路の復旧には時間がかかると言われ、家の裏にある山の斜面から、雨水が流れ込んできて、不安です。体の悪いお年寄りもいるので、外に出て避難が出来るか不安です」と話していました。
一方、土砂崩れの影響で、市内の八竜小学校のスクールバスが、けさ7時すぎに、市ノ俣地区の児童1人を迎えに行ったあと、学校に戻れなくなりました。
乗っていた児童はこの1人だけで、保護者が迎えに来て自宅に戻ったということです。