masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで谷越隆司容疑者を逮捕

北海道砂川市で6日夜、レジャー用多目的車(RV)と軽ワゴン車が衝突するなどし、永桶弘一さん(44)ら親子4人が死亡した事故で、道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕された男が、事故後にいったん現場に戻りながら警察に連絡せず、翌朝まで知人宅などで過ごしていたとみられることが10日、捜査関係者への取材でわかった。
男は運転前に酒を飲んでおり、出頭するまでに体内からアルコールを抜こうとしたとみて調べている。
道警砂川署の発表によると、逮捕されたのは上砂川町上砂川、解体工古味(こみ)竜一容疑者(26)。
古味容疑者は6日午後10時35分頃、砂川市の国道12号で乗用車を運転し、事故の弾みで軽ワゴン車の後部座席から放り出された永桶さんの長男昇太さん(16)をひいた上、車底部に挟んだ状態で約1・5キロにわたって引きずり、そのまま逃げた疑い。昇太さんは約10分後、死亡しているのが見つかった。

砂川署は、長男を引きずって死なせたとして道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した古味竜一容疑者(26)が、長男を振り払おうとした疑いがあるとみて調べている。
同署などによると、古味容疑者は調べに対し、「任意保険に入っていないので逃げた」と供述。
「運転前に(同容疑者が運転していたRVの)同乗者と一緒に飲み、ビールをジョッキで1杯飲んだ」とも話しているという。 
ひき逃げ関与ほのめかす=出頭の男ら、8人死傷事故−北海道 5人で飲酒後、2台に分乗し走行か 北海道家族4人死亡逮捕された古味竜一容疑者(26)が事故直前、家族が乗った軽ワゴン車と衝突した乗用車を運転していた男性(27)ら仲間5人で酒を飲んでいたことが捜査関係者への取材でわかった。
道警は、5人が飲酒後に2台に分乗して移動中に事故を起こしたとみて調べている。
古味容疑者と男性は幼なじみで、日頃からつきあいがあった。
事故当日の6日は砂川市内で2人を含む仲間5人で飲酒した後、滝川市方面に向かっていたという。
古味容疑者は「運転前にビールをジョッキ1杯飲んだ」と供述している。
また、同容疑者が事故後、運転していたRVを滝川市内の知人宅に預け、知人の車で衝突現場に戻っていたことも判明。
砂川署は同容疑者がRVを隠すなどし、飲酒事故の証拠隠滅を図った可能性があるとみて調べている。
砂川署は同日午前、同容疑で、古味容疑者を送検した。
また、捜査関係者によると、古味容疑者は事故後、知人宅にRVを置き、知人の車で衝突現場に戻った上で、乗用車を運転していて軽傷を負った上砂川町鶉(うずら)、土木作業員谷越隆司容疑者(27)ら3人が搬送された病院に行ったとみられる。
北海道警は12日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで、乗用車を運転していた上砂川町の土木作業員谷越隆司容疑者(27)を逮捕した。
逮捕容疑は6日午後10時35分ごろ、砂川市の国道12号で赤信号を無視して制限速度を大幅に超えて交差点に進入し、永桶さんの軽ワゴン車に衝突。一家5人を死傷させた疑い。
谷越容疑者も事故でけがをして、砂川市の病院に入院していた。(共同)