masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

港に活気 天草市牛深の棒受け網漁

今朝は熊本市は曇りで湿度99%ととても蒸します。
熊本市の最低気温は22.3度と暖かい朝でした。
県下、阿蘇市で19.0度、南小国で19.2度、あさぎり町で21.3度で、菊池市で21.8度でした。
最近はまた腰痛が起こり、椅子に腰かけたり立ち上がる時、動作がスムーズいかず困ってます。
一昨日牛深の話題が熊日に出てましたけど、もう20年以上行ってません。
近くの崎津教会まで行ったのですけど、時間が遅くて行きませんでした。
お仕事で牛深市役所に後浜団地の打ち合わせに行った時、旅館でお魚を食べましたけど、とてもおいしくて、とても安かったことだけは覚えてます。
ここ牛深は蛭子能収(えびす よしかず)さんの生まれたところです。
水揚げ続々、港に活気 天草市の棒受け網漁の写真、図解


棒受け網漁で水揚げした魚を種類ごとに選別して箱詰め作業する漁師ら=天草市
集魚灯で魚をおびき寄せて一網打尽にする「棒受け網漁」が天草市牛深沖で始まった。
同市牛深町の後浜[うしろばま]漁港では、夜通しの漁を終えた漁師らが早朝から水揚げ作業に追われ、荷さばき所は活気に包まれている。
漁船の前後に取り付けた棒に網を張り渡し、夜の海で明かりに集まった魚の群れを捕まえる漁法。
牛深では1980年ごろから盛んになり、現在は天草漁協牛深総合支所の棒受網組合に18隻が所属する。
漁期は6〜11月で、沖合にいさり火が並ぶ様子は夏の風物詩となっている。
22日は午前5時ごろから、漁船が次々と帰港し、ウルメイワシやコサバを中心に約50㌧を水揚げ。
漁師らは選別台で分けて箱詰めしていた。小森唯教組合長(51)は「雨続きで海水温が低く、水揚げはまだ少なめ。
本番はこれからです」と話した。(石本智)