masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

甘くて大玉…熊本県がイチゴ新品種開発

今日の熊本市は、曇り空で、夕方から雨が降りだしました。
明日はまた梅雨前線が北上して大雨になりそうです。
熊本市の最高気温は28.1度と蒸し暑い日になりました。
県下、人吉市で24.7度、鹿北町で28.4度、菊池市で28.8度、あさぎり町で25.3度、岱明町で27.7度、甲佐町で28.4度でした。

県が開発したイチゴの新品種「熊本VS03」(県園芸課提供)

さて、熊本県は、熊本オリジナルのイチゴの新品種を開発しました。
甘さと酸味のバランスがよく、大玉で鮮やかな赤色が特徴。
県産イチゴの6割以上を占める品種「さがほのか」の後継として普及を図る方針で、県は25日、愛称の募集を始めた。
品種名は「熊本VS03」。需要が高いクリスマス時期にたくさん収穫できるという。
11月中旬から店頭に並ぶ見通し。
開発した県農業研究センター農産園芸研究所は「内部も淡い赤色で、ケーキの材料にも適している。
生産者の収入アップにつなげたい」と話している。
愛称は官製はがき、ファクス、県のホームページを通じて受け付ける。
愛称と愛称をつけた理由(50字程度)のほか、住所、氏名など必要事項を記入して応募する。
締め切りは7月17日。
愛称は8月下旬までに決定。採用者には賞金5万円、次点には1万円を贈る。
TEL県園芸課096(333)2393。(猿渡将樹)


《 6月26日の誕生花と花言葉

ザクロ(石榴・ザクロ科)
円熟した優美

初夏の青い空を背景に赤い花がきれいです。
秋になると実が大きくなり,「柘榴を割ったように」という感じではじけます。
初夏に鮮紅色の花をつける。花は子房下位で、蕚と花弁は6枚、雄蕊は多数ある。
果実は花托の発達したもので、球状を呈し、秋に熟すと赤く硬い外皮が不規則に裂け、
赤く透明な多汁性の果肉(仮種皮)の粒が無数に現れる。果肉一粒ずつの中心に種子が存在する。