masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

世論調査:安倍内閣、不支持が上回る 毎日新聞実施

世論調査安倍内閣支持率は42%、不支持率は43%
毎日新聞は4、5両日、全国世論調査を実施した。
安倍内閣の支持率は5月の前回調査から3ポイント減の42%、不支持率は同7ポイント増の43%で、2012年12月の第2次安倍内閣発足後初めて、支持と不支持が逆転した。
政府・与党が衆院通過を急ぐ安全保障関連法案については、国民への説明が「不十分だ」との回答が81%に上った。
会期延長した今国会で安保法案を成立させる方針にも61%が「反対」と答え、「賛成」は28%にとどまった。
安倍内閣の支持率は13年3月に70%に達した後、徐々に低下し、14年6月以降は40%台半ばで横ばい状態が続いていた。
今回の42%は衆院選のあった14年12月の43%をわずかに下回り、第2次、第3次内閣では最低を記録。
一方、不支持率は初めて40%台になった。
自民党の国会議員が開いた勉強会で「マスコミを懲らしめる」など報道機関に圧力をかける発言があったことについては「問題だ」が76%に上り、「問題ではない」は15%。自民支持層でも「問題だ」が7割弱を占めた。
集団的自衛権の行使などを可能にする安保法案への「反対」は58%で、前回調査の53%からさらに増えた。
「賛成」は29%。安保法案に対する世論の批判や、言論圧力問題への反発が内閣支持率低下につながったとみられる。
安保法案を巡っては多くの憲法学者が「憲法9条違反」と指摘している。
調査では過半数の52%が「憲法違反だと思う」と答え、「思わない」は29%だった。
公明支持層の5割弱、自民支持層でも3割が「思う」と回答した。


《 7月7日の誕生花と花言葉

ヒルガオ(昼顔・ヒルガオ科)
儚い望み・優しい情愛
 学名:Calystegia japonica
 花期:初夏〜初秋

ヒルガオ(昼顔、学名Calystegia japonica、シノニムCalystegia pubescens他)は、ヒルガオ科の植物。
アサガオ同様朝開花するが昼になっても花がしぼまないことからこの名がある。

つる性の多年草で、地上部は毎年枯れる。春から蔓が伸び始め、夏にかけて道ばたなどに繁茂する。
夏に薄いピンク色で直径5〜6cmの花を咲かせる。
花の形は漏斗形。苞葉が萼を包み込むので、帰化植物のセイヨウヒルガオ(西洋昼顔)と区別できる。
原産地は日本 北海道から九州 海外では、朝鮮半島や中国にも分布している。生育地:道端や日当たりのよい草地
アサガオと違って鑑賞用に栽培されることは、殆ど無い。
また、結実することはまれであるが、地下茎で増え、一度増えると駆除が難しいため、
大半は雑草として扱われる。
黄色のヒルガオは無い。
ヒルガオ花言葉は「絆」。根で組み合っているので、「絆」という花言葉になったと思われる。
朝顔があり,昼顔があり,夕顔があり,夜顔もあります。この花は種ができません。地下茎があるようです。