masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本の高校 8人熱中症の症状訴える

今日の熊本市は、あまり晴れませんでしたけど、台風9号の影響でとても蒸して今年一番の暑さでした。
午後3時頃、雷鳴がひどくパソコンを切りました。
熊本市の北区で1時間60ミリの雨で大変だったみたいでした。
お洗濯物を干しましたけど、あまり乾きませんでした。

熊本市の最高気温は35.8度で、菊池で36.0度、人吉市で34.1度で、南小国で31.4度、阿蘇市乙姫で30.1度、あさぎり町で33.6度、牛深で35.7度になりました。
ところで、警察や消防に入った連絡によりますと、午後3時50分ごろ、熊本市西区熊本市千原台高校の体育館で救急救命の講習を受けていた生徒8人が熱中症の症状を訴え、このうち6人が病院に搬送されたということです。
消防によりますと、全員意識はあり、いずれも症状は軽いということです。
一番暑い時の体育館の中では、36度以上あったのではないでしょうか。
救急救命の講習中に倒れるとは、なんか皮肉に聞こえますね。
この暑さで熊本県内では午後5時半の時点で、10代から90代までの少なくとも35人が熱中症の疑いで病院に搬送されました。


《 7月10日の誕生花と花言葉

シモツケソウ(下野草・バラ科
ひそかな恋・自由



本州の中部地方、関東地方に分布し、亜高山帯から高山帯の草原や稜線などに自生する。高さは30cmから70cmくらい。


葉に長い葉柄があり、茎に互生し、頂小葉は掌状に5から7裂する。
葉柄にある側小葉は数対つき、葉柄の付け根にある托葉は茎を耳状に抱く。
花期は7月から8月で、ピンク色の小さな5弁花を散房状につける。
掌状の頂小葉(直径10cm程度)、葉柄にある側小葉、葉柄の付け根にある托葉
シモツケソウは本州の関東地方以西、四国、九州に分布。
コシジシモツケソウは本州の中部地方、東北地方の日本海側に分布。
エゾノシモツケソウは北海道に分布する。キョウガノコは古くからの園芸種。
花、葉ともよく似るが、それぞれ分布域と生育環境が異なる。
花の色が白色で大型のオニシモツケは北海道、本州の中部以北に分布する。