masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

7月25日の誕生花

7月25日の誕生花は「インパチェンス
(アフリカ鳳仙花(ほうせんか))
・釣舟草(つりふねそう)科。
・学名 Impatiens sultani Impatiens :ツリフネソウ(ホウセンカ)属

Impatiens(インパチエンス)は、ラテン語の「impatient(我慢できない)」が語源。
タネが熟すると勢いよくはじけ飛ぶことから。
赤い大型の花のものは「ニューギニアインパチエンス」と呼ばれ、
ニューギニア地方が原産。
・5月〜10月の間、長い間咲く。
・7月25日、9月6日の誕生花
花言葉は「鮮やかな人」「豊かさ」



インパチェンスは春から秋にかけて次から次へと花を咲かせる一年草植物です。
花色は薄い桃色、白、赤色の単色の他、色の混じった花色もあります。
熱帯地域に800種類ほどが分布しているそうで、主に出回っているのはこのインパチェンスニューギニアインパチェンスです。
種類は一重咲きと八重咲きがあり、八重咲きはミニバラの花びらのようでとても綺麗です。
園芸品種でサンパチェンスという種類もあります。
育てるのは夏の暑さをやや嫌いますが、それを除けば育てやすく、耐陰性があるので、多少日当たりが悪くても花を咲かせるのも魅力です。



ラジオ深夜便では「ヒマワリ」です。