masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

三角西港クルーズの内覧会

今日の熊本市は、曇り時々晴れで台風の影響なのか、とても蒸しました。
最高気温は30.5度で、朝の最低気温は26.2度と熱帯夜でした。
県内、菊池で29.8度、人吉市で30.5度で、南小国で27.0度、阿蘇市乙姫で24.1度になりました。
さて、世界文化遺産への登録が決まった、明治日本の産業革命遺産の構成資産のひとつ熊本県宇城市三角西港一帯を海から楽しむ観光航路が来月1日から運航されることになり、28日、内覧会が行われました。


『みすみ浪漫クルーズ』というこの航路は、新たな観光の目玉として宇城市が企画しました。
私は昨年秋に、試験的に無料で試乗遊覧をしました。
28日は関係者など招いて内覧会が行われ、運行開始を祝って地元の子どもたちがチアリーディングを披露するなどしたあと、船が近くの港を出発しました。
コースは、天草五橋のひとつ天門橋の下をくぐって沖に出たあと、雲仙普賢岳を望みながら三角西港を海から楽しむ順路です。
28日は、あいにくの空もようで雲仙普賢岳は見られませんでしたが、招待客たちはガイドの説明を聞きながら整然と積まれた三角西港の石積みのふ頭を写真に収めたりしていました。
招待された地元の男性は「なかなか陸からでは見られない、三角西港の素晴らしさが分かると思います」などと話していました。
『みすみ浪漫クルーズ』は、来月1日から10月末まで、1日5便運航され、料金は大人1500円、3歳から小学生までの子どもは700円となっています。
少し高いのでは・・・・と思いますけど。