masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ごみ収集職員の「ごみただ捨て」問題

県内はきょうも高気圧に覆われて夏空が広がり、強い日ざしで気温が上がりました。
最高気温は、玉名市で35度7分、人吉市あさぎり町で35度3分、熊本市で35度2分などと各地で厳しい暑さとなりました。
この暑さで県内では午後5時までに少なくとも13人が熱中症の症状を訴えて病院に運ばれました。
このうち山鹿市では土木作業をしていた30代の男性が熱中症の疑いで病院に運ばれましたが意識不明の重体だということです。
さて、熊本市は6年くらい前から、ごみ出しが有料になりました。
市の指定袋以外のレジ袋などで出しますと、ルール違反のシールが張られ回収されません。
ゴミ当番になるとわかりますけど、必ず1袋か2袋残ってます。
でも出した人がわからず、次のゴミ出し日に自腹で指定袋に入れて出してました。
非常に腹が立ちます。
みんな苦労してる時に、ゴミ回収する人は、自分のゴミはレジ袋などに入れて収集車に入れるとはあきれ果てますね。
熊本市のゴミ収集を担当する複数の職員が自宅で出たごみなどを有料の指定ゴミ袋を使わずにゴミ収集車の待機施設に持ち込んで処分していたことについて、熊本市の大西市長はきょうの定例会見で「大変なご迷惑をおかけしました。
心からお詫び申し上げます」と述べ陳謝しました。
この問題は、熊本市のゴミ収集を担当する3つクリーンセンターに勤務する20人の職員が、自宅から出た家庭ゴミなどを指定のゴミ袋を使わずにレジ袋などに入れ、センターに待機していたゴミ収集車に持ち込み処理していたものです。
また、西部クリーンセンターの別の職員3人がことし3月、業務中に私用でごみ収集車を使って市から口頭で厳重注意を受けていたことがきょう新たにわかりました。
この問題について熊本市の大西市長はきょうの定例会見で「制度の根幹を揺るがしかねない問題のある行為で市長としてその責任を痛感している。市民の皆様には大変なご迷惑をかけ心からお詫び申し上げます」と陳謝しました。
その上で、大西市長は「早期に事実関係を明らかにするとともに関係法令に照らし、厳正に対処してまいります」と述べ、すべての調査を終え次第、関係する職員を処分する方針を示しました。
この問題について、熊本市はクリーンセンターに勤務する235人の全職員に対し、きのうから聞き取り調査を行っていて、近く調査結果をまとめるとしています。