masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

天草エア新機体を受領 フランスから熊本へ

きょうは熊本市の最高気温は32.9度で、湿度85%と気温のわりにはとても蒸し暑く感じました。
県下最高気温は水俣で32.0度、牛深で31.9度、あさぎり町で33.0度で、人吉で32.7度でした。
新機の胴体腹部にはサンタの格好をしたくまモンがあしらわれている(天草エアライン提供)


さて、天草エアライン天草市)は14日、新機体として導入するフランス製プロペラ機「ATR42−600」を
フランスのトゥールーズで受領したと発表した。
同機の導入は日本初。現有機と同じイルカのデザインを採用している。
2000年の天草空港開港と同時に就航した現有機ダッシュ8」(カナダ・ボンバルディア社製)の
整備コスト増加に伴う機体更新。
購入費は1875万㌦で、前払金などを含む計約22億9千万円を天草市上天草市苓北町が負担した。
座席は9人増の48人乗り。
機体は16日にトゥールーズを出発し、7カ国を経由して21日正午ごろ熊本空港に到着する予定。
胴体に親イルカ、両主翼エンジン部分に子イルカをデザイン。
胴体腹部にはサンタクロースの格好をしたくまモンが新しく描かれた。
有機に付けられた「みぞか号」の愛称も引き継ぐ。
同社は乗員訓練のため、通常1日10便の運航を、24日から朝夕の福岡線2往復4便に減便する。
実機訓練を26日から始め、来年1月末の就航を予定している。(酒森希)

昨年8月に広島市を襲った豪雨による土石流で75人が亡くなった土砂災害から20日で1年となった。
小雨の中、遺族らは被災地域の慰霊碑や住宅跡などで、帰らぬ大切な人へ思いをはせ、祈りをささげた。
午後には市と広島県主催の追悼式が開かれた。