masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

佳子さまが手話でおことば

秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは22日、鳥取県米子市で開かれた高校生による手話パフォーマンスの全国大会に出席し、手話を交えておことばを述べられました。

21日から鳥取県を訪れている佳子さまはきょう午前、会場の米子市の公会堂に到着されました。
「手話パフォーマンス甲子園」は、全国の高校生が手話を取り入れたダンスや演劇などのできばえを競うもので、佳子さまは、去年の第1回大会に続いて出席されました。
開会式では佳子さまが、およそ3分間にわたり手話を使いながらおことばを述べ、「手話に対する理解と聴覚に障害のある方々に対する理解が一層深まるとともに、この大会が皆さまの素晴らしい思い出となりますことを願います」などと話されました。
佳子さまは、聴覚障害者団体の役員などから手話を学んでいますが、手話を交えておことばを述べられたのは初めてです。
このあと予選を勝ち上がった20チームが紹介され、選手代表が宣誓をして大会が始まりました。
大会では、高校生たちが手話を交えながら熱のこもった演劇や合唱を披露し、佳子さまも熱心にご覧になっていました。
合唱を披露した大阪の松原高校3年の女子生徒は、「きのう佳子さまから『緊張すると思いますが、がんばってください』と声をかけていただいていたので、息の合った最高のパフォーマンスを披露できてうれしいです」と話していました。
09月22日 13時02分