masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

今の子供 HBの鉛筆で書けない

きょうの熊本市は一日中どんよりした曇り空でした。
最高気温は22.5度で、最低気温は12.5度でした。
県内、菊池で21.9度、人吉市で25.8度で、南小国で19.9度、阿蘇市乙姫で19.9度でした。
一番気温が低かったのは南小国の5.3度でした。
きょうは二十四節季の内の寒露でした。
寒露とは露が冷気によって凍りそうになるころ。
雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き始めるころ。
『暦便覧』では、「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と説明している
ところで、NHKで所さん!大変ですよ「“消えたHB鉛筆の謎”再び!」
10/8 (木) 22:55 〜 23:20 (25分)がありました。
番組概要で、子どもたちが“HB鉛筆”をほとんど使わないという噂があると言う。
取材で浮き彫りになったのは、多くの子どもたちに起きていたある事情。
それは手の筋肉が衰えて筆圧がなく、HBの鉛筆で字が濃く書けないとのことです。
今鉛筆の主流はBだそうですね。
私の小さい頃はHBしか使ってませんでしたけど。
字が薄いとつい鉛筆を舐めて書いてたところ、母にしかれたものです。
しかし、薄いからHBからBに変えるのはどうかと思います。
今の子供は指の筋肉だけでなく、身体の全身の筋肉が弱ってるとの事。
将来が怖いですね。
極端なおはなし、親が子供を介護しなくてはならないかもです。