masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

1月5日は食べる「いちごの日」でなく「イチゴの日」

きょうの熊本市は、一日中曇り空で夕方から雨が降り始めました。
気温はあまり上がりませんでした。
最低気温は熊本市で7.2度で、最高気温は12.2度でした。
県内の最低気温、菊池で6.4度、人吉市で7.2度で、南小国で4.0度、
阿蘇市乙姫で3.9度でした。
1月15日は食べる「いちごの日」です。全国いちご消費拡大協議会が、「いち(1)ご(5)」の語呂合せから定めました。
ちなみに、同じ「いちごの日」に定められている日として1月5日があげられますが、こちらは「苺」ではなく、「15」の意味で、高校受験を控えた15歳の世代「いちご世代」にエールを送る日だそうです。
「いちごの日」にちなんで、「家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成24〜26年平均)」の果物のファイルから「いちご」への支出金額と購入数量

「いちご」への支出金額及び購入数量

   順位 市 支出金額(円)     市 購入数量(g)

 1位宇都宮市 4,507 | 1位 宇都宮市 3,867
2位京都市 4,309 | 2位 静岡市 3,604
3位東京都区部 3,993 | 3位 盛岡市 3,299
4位川崎市 3,951 | 4位 長崎市 3,179
5位仙台市 3,874 | 5位 川崎市 3,143
・・・・ ・・・・・・
47位松山市 2,477 | 47位 福井市 2,069
48位鹿児島市 2,376 | 48位 鹿児島市 2,069
49位佐賀市 2,350 | 49位 熊本市 2,041
50位熊本市 2,127 | 50位 札幌市 1,947
51位那覇市 1,702 | 51位 那覇市 1,320
全国 3,217 |   全国 2,625

イチゴ(苺、Fragaria)はバラ科多年草
食用として供されている部分は花托(花床ともいう)であり果実ではない。
イチゴにとっての果実は一見して種子に見える一粒一粒であり、正確には痩果という。
甘みがあるため果物として位置づけられることが多いが、草本性の植物であるので野菜として扱われることもある。
最も一般的な栽培種はオランダイチゴ(Fragaria ×ananassa Duchesne ex Rozier)です。
痩果(そうか)とは、多くの被子植物に見られる、単純で乾いた果実の一種である。
栄養豊富で100 gあたりの栄養価エネルギー 136 kJ (33 kcal)
炭水化物 7.68 g 糖分 4.89 g 食物繊維 2 g  脂肪 0.3 g
飽和脂肪酸 一価不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸のほか、
タンパク質 トリプトファン トレオニン イソロイシン ロイシン リシン などなど。
また、ビタミンはビタミンA相当チアミン B1 リボフラビン (B2)ナイアシン (B3)パントテン酸 (B5) ビタミンB6 葉酸 (B9) ビタミンB12 コリン ビタミンC ビタミンD ビタミンE ビタミンK
ミネラルはカルシウム 鉄分 マグネシウム マンガン セレン リン カリウム ナトリウム 亜鉛など
他の成分 水分 90.95 g