masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

「くまモンダルマ」 栃木の刑務所で製作

きょうの熊本市は、一日中雨が降りそうな曇り空で、気温はあまり上がりませんでした。
最低気温は熊本市で6.0度で、最高気温は10.4度でした。
県内の最低気温、菊池で4.8度、人吉市で4.0度で、南小国で2.5度、阿蘇市乙姫で0.3度でした。
私は「くまモン」のグッズがどこでどのように作られてるなんて、全然考えもしませんでした。
でも、刑務所でも作られ、社会に貢献しているとは意外でした。
「受刑者の勤労意欲も増し、更生に役立っている」という。


栃木県の黒羽刑務所が製作・販売している「くまモンダルマ」
栃木県大田原市の黒羽刑務所で製作・販売している「くまモンダルマ」が人気を集めている。
作っているのは服役中の受刑者たち。
初期生産した50個を昨年11月から所内の売店で売り出したところ、「かわいい」と評判を呼びほぼ完売したという。
くまモンダルマは高さ約17センチの貯金箱で、「くまモンが好んで食べそう」という県特産のデコポンを両手で抱えている。
型に紙を貼り乾燥させ、貝殻の顔料を塗る「張り子」の技法で製作している。価格は800円。
同刑務所の佐藤清作業専門官らがこのほど、熊本県庁へ完成報告に訪れた。
佐藤氏によると、面会のため所内を訪れる人たちにも人気があり、「受刑者の勤労意欲も増し、更生に役立っている」という。
今後も月50個のペースで製作し所内で販売する予定だが、問い合わせがあれば着払いでの販売も検討する。
同刑務所作業部門TEL0287(54)1198。(亀井悠吾)