masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

阿蘇、仙酔峡・渓流の滝凍りつく

きょうの熊本市は、午前中は晴れてお昼からは曇り空で、気温は平年並みでした。
けさの最低気温は熊本市で氷点下0.2度で、最高気温は9.3度でした。
県内の最低気温、菊池で氷点下3.3度、人吉市で0.0度で、南小国で氷点下3.3度、阿蘇市乙姫で氷点下3.4度になりました。
凍てつく阿蘇、氷の芸術 仙酔峡・渓流の滝の写真、図解
連日の冷え込みで凍った仙酔峡の滝の水=21日、阿蘇市


一年で寒さが最も厳しいとされる二十四節気の「大寒」に当たる21日、阿蘇市一の宮町仙酔峡
(標高約900メートル)は、連日の冷え込みで渓流の滝が凍り、長さ3〜4メートルのつららができた。
この日の最高気温は阿蘇山上が氷点下1・5度、阿蘇乙姫も2・6度までしか上がらず、五岳と北外輪山に囲まれた阿蘇谷が冷蔵庫にすっぽり入ったようだった。
仙酔峡では先端が滝の下に届き、氷柱に成長したつららも出現。



県内は、あす夜からさらに強い寒気が流れ込み、あさってを中心に、大荒れの天気となる見込みです。
気象台は、暴風雪や高波、それに大雪に関する情報を出して警戒を呼びかけています。


さて、熊本県のキャラクター「くまモン」グッズを、中国のおもちゃ製造会社が無許可で製造・販売していたとして、中国の行政機関がこの会社を著作権法違反で処分していたことがわかりました。
これはきょう、熊本県が記者会見をして明らかにしたものです。
それによりますと、去年3月、中国のインターネットの通販サイトで、くまモンの使用の許可を示す「許諾番号」が記載されていない偽のグッズを、県が調査を委託している中国の弁護士が見つけ、中国の行政機関に通報したということです。


現地の行政機関が立ち入り調査を行ったところ、無許可で製造されたバッグやおもちゃなど2万点を超えるくまモングッズが見つかったということです。
これを受けて現地の行政機関は去年6月、中国・浙江省のおもちゃ製造会社に対して、著作権法違反で罰金およそ13万円を科した上で偽のグッズの没収などの行政処分を行ったということです。
県によりますと、偽のくまモングッズの製造や販売で、行政処分が出されたのは国内も含めて初めてだということです。
県は海外で偽のくまモングッズが多く流通していることから、おととし10月から中国の弁護士に調査を委託していて、「偽のグッズが出回ることで正規品の売り上げに悪影響を与えるほか、くまモンのイメージ低下にもつながるおそれがあるため、今後も積極的に対策を講じていきたい」としています。