masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

原油安、ガソリン100円割れ

きょうの熊本市は、晴れ時曇り空で、朝は冷えましたけど、気温は平年並みでした。
けさの最低気温は熊本市で1.3度で、最高気温は11.0度でした。
県内の最低気温、菊池で氷点下0.6度、人吉市で氷点下2.2度で、南小国で氷点下2.6度、阿蘇市乙姫で氷点下2.9度になりました。
きょう4日は「立春」。
まだ真冬の寒さですけど、熊本城(同市中央区)の二の丸の空堀の斜面でタンポポの黄色い花が咲いてるということです。

城内にはピンクの梅の花もちらほら。
同区出水のくまもと文学・歴史館隣の日本庭園は、凍[い]てつくほどではないものの、まだ春は遠そうな空気が漂う。
それでも、冷たい地面からは、数十のフキノトウが顔をのぞかせているという。
さて、原油安でガソリン100円割れも登場したと言う。 2016年02月04日
レギュラー1リットル98円と表示されたガソリンスタンド=3日夕、熊本市南区(谷川剛)


15年前でしたか、セルフでガソリン91円、灯油が1缶800円位が一番安い頃でした。
当時は値段に関しては、あまり苦になりませんでしたね。
その値段が、事業者の競争激化もあり、ガソリン価格が100円割れになる給油所が熊本県を含む各地で登場。
燃料価格に応じた航空運賃の上乗せ分は4月から6年半ぶりにゼロになる見込みで、個人消費の下支え効果が期待されている。
「同じ価格では大手に勝てない。1円でも安くしないと」。
熊本市南区富合町の給油所「ロータスステーション富合」は、1月30日から最安98円で販売している。
店長の田中俊明さん(33)は「満タンにする人が増えてきた」と話す。
給油に訪れた近くの主婦(59)は「100円を切ってびっくり。家計が助かります」と笑顔で話した。
灯油も18リットル当たり1112円となり、08年のピークから約1270円下がった。
灯油を多く使う寒冷地では家計のメリットが大きい。