masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

病欠の北九州市議に報酬3160万円 2年余りも

きょうの熊本市は、晴れ時々曇りで、気温は平年より少し高かったのですけど、とても風が強くて寒い一日でした。
けさの最低気温は熊本市で2.8度で、最高気温は13.1度でした。
県内の最低気温、菊池で0.5度、人吉市で0.2度で、南小国で氷点下1.3度、
阿蘇乙姫で2.9度でした。
ちなみに、阿蘇山上は最低気温が氷点下2.6度で、最高気温は3.3度でした。

ところで、県外のお話ですけど、税金は国税も使われてますので、あえて言えばすごい税金の無駄使いではないでしょうか。
市議は糖尿病の治療で2年も入院とは。しかもまだ56歳でしょ。
私も糖尿病で血糖値400で、ヘモグロビンAicが14もあり、医師がびっくりして即入院でした。
でも、私は入院してる費用も時間もありませんでしたので、10日で強引に退院しましたけど。
病気療養を理由に北九州市議会を2年4カ月にわたり欠席している木村年伸市議(56)=自民、小倉北区、当選3回=に、報酬など計約3160万円が支払われていることが分かったとのこと。
長期間休んだ議員の報酬の減額規定がないためで、識者から改善を求める声が出ている。
市議会事務局によると、木村市議は2013年9月定例会の開会日に出席後、病気療養を理由に欠席届を提出し、同13日から本会議や常任委員会などを欠席。昨年12月までの報酬(月額約81万円、昨年4月以降は88万円)
27カ月分と、期末手当5回分が支払われた。
議員というのは、辞職するという言葉はないんですね。
あまりにも報酬が高すぎますよ。
木村市議の事務所によると、欠席は「糖尿病の治療のため」で、市議は現在も入院中。
秘書を通して電話で陳情を聞き市の担当者に取り次ぐなどし、議員活動はしているという。
一般庶民は一生懸命働いて税金を納めてるのに、入院して3160万円も貰えるなんて、税金を納める気がなくなるのでは。