masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

“福岡市で全国一番でサクラ開花”

気象台“福岡市でサクラ開花”

きょうの熊本市は一日中薄曇り空て、お昼の気温は平年より4度も高かったです。
けさの最低気温は熊本市で12.6度で、最高気温は20.0度でした。
県内の最低気温、菊池で11.0度、人吉市で13.1度で、南小国で8.8度、阿蘇乙姫で8.9度でした。
春本番と言う感じで、ブラウスやワンピースにスプリングコートなどと、街中は装いが変わってきました。
市中心部にお友達と昼食を取りに行きましたら、紅蘭亭は相変わらず行列が出来ていて、今回はじっと順番待ちをしました。
ところで、福岡市では19日全国で最も早く、サクラの開花が発表されました。


福岡市内は気圧の谷の影響で午前中、雨が降りましたが、朝のうちは5月なみの暖かさとなりました。
こうした中、福岡市中央区の福岡管区気象台では、標本木のソメイヨシノに10輪ほどの花が咲いているのが確認され、気象台は福岡市でサクラが開花したと発表しました。
福岡市でのサクラの開花は全国で最も早く、平年より4日、去年より3日早くなりました。

熊本ではハクモクレンの花が 「漱石記念緑道」で満開になりましたとのこと。
ハクモクレン、純白輝く漱石の道 熊本市の写真、図解
漱石記念緑道に咲くハクモクレン=18日午後、熊本市中央区
ことしは夏目漱石来熊120年─熊本市中央区京町本丁の京陵中の校門前にある「漱石記念緑道」で、ハクモクレンの花が満開を迎えている。
18日は雨の中、みずみずしさを増して純白を輝かせていた。
漱石は1896年4月13日、JR上熊本駅に到着し、人力車で同中前の道を通ったとされる緑道は市が漱石来熊100周年の際、小説「草枕」に登場するハクモクレンなどを植栽して、120メートルの区間を整備しました。